アフィリエイト(成果報酬)型広告「アクセストレード」運営するインタースペースは、more communicationからmore gamesの発行済株式の86.66%を取得し、子会社化する。

more gamesは、ソーシャルアプリを始め、数多くのコンテンツ媒体を展開しており、コンテンツと運営ノウハウを蓄積している。

インタースペースは、more gamesを子会社化することにより、昨今のソーシャルメディアの急速な発展をバックに、more gamesが運営するメディア事業とインタースペースが運営するメディア・コンテンツ事業の間に、高いシナジー効果の発現をめざす。