ギガプライズは、不動産賃貸管理ソフトの開発・販売を手がけるESP(東京都渋谷区。売上高6150万円、営業利益△887万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。

ESPは不動産業務ソフトの専門メーカーとして多くの不動産会社・賃貸管理会社と取引がある。住宅関連のIT事業を手がけるギガプライズはESPを傘下に取り込むことで、これまで開拓が遅れていた既築物件や地方物件へのアプローチが可能になる。集合住宅向けインターネットサービスプロバイダー(ISP)事業などでの販売拡大を目指すほか、システム開発事業でも受託開発から自社サービスへの転換を図る。取得価額は2000万円。取得予定日は2010年7月16日。