M&A速報

協和エクシオ<1951>、電気通信設備工事の池野通建を子会社化

2010/05/11

協和エクシオは、電気通信設備工事の池野通建(東京都北区。売上高190億円、営業利益1億6700万円、純資産13億2000万円)を子会社化することを決議した。池野通建が実施する第三者割当増資を引き受け、株式所有割合を11.9%から50.1%に引き上げる。

協和エクシオは、池野通建を子会社化することにより、エクシオグループとして更に高度な顧客ニーズに対応し、首都圏地区の営業基盤の更なる経営効率化を図るとしている。

取得価額は10億4000万円。取得予定日は2010年5月28日。

M&Aデータベース

関連の記事

昭和シェル、パイオニア、日新製鋼など62社が「上場廃止」

昭和シェル、パイオニア、日新製鋼など62社が「上場廃止」

2019/03/29

2018年度に上場廃止した企業は62社を数える。「カーナビ4強」のうちパイオニア、クラリオン、アルパインの3社が期せずして上場廃止に。70年の上場歴を持つ昭和シェル石油も出光興産との経営統合に伴い、東証銘柄から姿を消した。

【協和エクシオ】4社の経営統合でどう変わるのか

【協和エクシオ】4社の経営統合でどう変わるのか

2018/10/23

協和エクシオが2018年10月1日にシーキューブ、西部電気工業、日本電通と経営統合した。電気通信工事市場が縮小傾向にあるため、工事の採算性を改善し安定した収益を確保するのが狙いだ。

【ミライトHD】M&Aでフロンティアに挑む 「通信工事」の殻破るか

【ミライトHD】M&Aでフロンティアに挑む 「通信工事」の殻破るか

2018/05/22

ミライトHDはNTT向けを中心とする通信工事業界3強の一角を占める。コムシスHD、協和エクシオに続く3番手だが、M&Aに関しては互角だ。M&Aを積極活用し、新エネや電気・空調設備、アジア市場など新事業領域を拡大してきた。

M&A速報検索

クリア