M&A速報

21LADY<3346>、レストラン運営会社のインキュベーションを経営陣に譲渡

2010/03/31

21LADYは、上海家庭料理レストランチェーンのインキュベーション(神奈川県川崎市。売上高1億9700万円、営業利益△417万円、純資産△4320万円)の全株式(所有割合88.89%)を、同社代表取締役の櫛田裕和氏へ譲渡することを決議した。

21LADYはインキュベーションを2006年に子会社化し支援してきたが、櫛田氏からMBO(経営陣による買収)の形で株式を取得したいとの申し出があった。

譲渡価額は400万円。譲渡予定日は2010年3月31日。

関連の記事

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

2020/10/09

新型コロナウイルスの感染拡大で飲食業界に激震が走りました。その一方で、火中の栗を拾うように外食企業のM&Aも盛んに行われています。売り手の多くはノンコアの外食事業の切り離し。買い手は外食を専門で手掛けていた企業や経営者です。

「洋菓子のヒロタ」が債務超過に転落、新型コロナが利益を直撃

「洋菓子のヒロタ」が債務超過に転落、新型コロナが利益を直撃

2020/07/17

「洋菓子のヒロタ」を運営する21LADYが2020年3月期に債務超過に陥りました。超過額は1億6700万円。新型コロナウイルスが売上を直撃し、営業損失1億6400万円を計上したことや、2億3600万円の固定資産の減損損失をしたことが大打撃となりました。

M&A速報検索

クリア