プライムは、金探鉱事業を手掛けるジパング(福岡市。売上高49億7000万円、営業利益△13億6000万円、純資産35億円)を吸収合併することを決議した。

プライムは、「プライム・ショッピング」などの通信販売や小売事業を主力としており、自社企画商品の販売による収益力拡大を目指していた。しかし、消費低迷などより財務状況が著しく悪化し、早期の財務基盤強化が重要な課題となっていた。一方、ジパングは、米国ネバダ州にあるフロリダのキャニオン鉱山やスタンダード鉱山における金探鉱・金生産事業を主力としており、更なる事業拡大を目指し海外での生産金山の買収を積極的に検討していた。プライムは同社と合併することにより、債務超過の早期解消と財務基盤の強化を図り、新たな電子小売業の事業モデル構築をより確実に進め、今後成長が見込まれる金生産事業に進出することが可能となると判断した。

合併に係る割当比率は1(プライム):1(ジパング)。合併効力発生日は2010年1月1日。