トーホーは、業務用食品卸売事業を手掛ける昭和食品(宇都宮市。売上高105億円、営業利益1億900万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

昭和食品は、栃木県内で業務用食品卸を行い、県下最大の売上げを誇る。同じく業務食品卸売を営み全国展開を目指すトーホーは、同社をグループ化することで、未出店地域の栃木県で強固な営業基盤確保を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2009年6月30日。