M&A速報

加賀電子<8154>、電気・通信設備工事事業の東京電電工業を子会社化

2009/05/26

加賀電子は、連結子会社でコンピュータネットワークシステムの設計・開発・導入・運用・保守およびIT機器・家電製品の販売を手掛ける加賀ソルネット(東京都中央区)が、電気、通信設備工事などを手掛ける東京電電工業(東京都墨田区)の株式を取得し子会社化することを決議した。

東京電電工業は1953年の設立以来、電気、電気設備工事、内装工事ならびに保守サービスなどを主力としてきた。加賀ソルネットは、同社と同様の事業分野を担当してきた。加賀電子は今回の子会社化により、現在保有している許認可以外の電気工事や内装仕上工事などの受注が可能となり、ネットワークソリューション分野におけるワンストップサービスの提供など、より一層相乗効果を発揮することを目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2009年6月8日。

M&Aデータベース

関連の記事

旧村上ファンド系が東証1部のエクセル<7591>を加賀電子に売却したカラクリ

旧村上ファンド系が東証1部のエクセル<7591>を加賀電子に売却したカラクリ

2020/02/04

加賀電子が同業のエレクトロニクス商社で東証1部上場のエクセルと2020年4月1日に経営統合する。プレスリリースによると、そのスキームは通常のTOBではないとのこと。取引スキームの背景と譲渡価額が適正なのかを検証してみたい。

【加賀電子】富士通エレを子会社化 、業界トップへ宿願のM&A

【加賀電子】富士通エレを子会社化 、業界トップへ宿願のM&A

2019/01/10

加賀電子が1月1日に富士通エレクトロニクスを子会社化した。連結売上高は5000億円規模と、エレクトロニクス商社として業界トップクラスに躍進する。今年は加賀電子設立50年の節目。次の50年に向けて今回の大型M&Aが跳躍台となるのか。

M&A速報検索

クリア