M&A速報

栗本鐵工所<5602>、鋼構造物工事業のクリモトテクノスの環境事業を譲渡

2009/05/18

栗本鐵工所は、連結子会社で鋼構造物工事およびバルブ等の据付・修理工事・保守などを手掛けるクリモトテクノス(大阪市)の環境事業を譲渡することを決議した。譲渡先は上下水・再生水処理、海水淡水化などの水環境分野の各種装置類、施設用電機設備などの製造販売を手掛けるメタウォーター(東京都港区)。

栗本鐵工所グループは、2008年4月よりグループ全体で事業再編に取り組んできた。その中で、クリモトテクノスの環境事業は、リサイクル事業および既納設備のメンテナンス事業に特化した活動を展開してきた。同社は事業の選択と集中を進める中で、環境事業のさらなる発展のためには、同社グループ内にとどまらず、技術・ノウハウ・顧客基盤などの相乗効果が期待できるメタウォーターに事業を譲渡することが安定的収益基盤の確立や、さらなる受注機会の拡大につながると判断した。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2009年7月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【栗本鉄工所】5年ぶりのM&A  積極策に舵を切るか

【栗本鉄工所】5年ぶりのM&A 積極策に舵を切るか

2018/03/13

栗本鉄工所の経営姿勢に変化の兆しが現れてきた。5年ぶりにM&A を実施し、積極策に転じたように見えるからだ。創業100周年の年に当たる2009年にM&Aで3件の譲渡を行い、事業構造を大きく変えたが、その後は一進一退だった。今回の5年ぶりのM&Aが呼び水となるのか。

M&A速報検索

クリア