エレクトロニクス専門商社の高千穂電気(東京都港区。売上高1050億円、営業利益41億7000万円、純資産234億円)と大西電気(京都市。売上高141億円、営業利益7億5600万円、純資産25億1000万円)は合併することを決議した。高千穂電気を存続会社とする吸収合併方式で、大西電気は解散する。合併後の新商号はエレマテックとなる。

高千穂電気は総合家電メーカー等を顧客とし、電気絶縁材料やセンサー部品等を取り扱う。大西電気は、ゲーム機器メーカー等を顧客とし、電子部品、フラットパネルディスプレイ関連部材等を取り扱う。両社は合併することでお互いの強みを結合し、顧客の需要への対応力を強化することで収益向上を図る。

合併比率は高千穂電気1:大西電気1.40(大西電気株式1株に対して高千穂電気株式1.40株を割り当て)。

合併予定日は2009年10月1日。