ユニパルスはナノテックスをTOB(株式公開買い付け)により子会社化することを決議した。株式所有割合で66.6%の取得を目指す。ナノテックスはTOBに賛同の意見を表明しており、TOB成立後に上場廃止となる。

ナノテックスは2002年に光・ナノテクノロジー技術による応用製品の製造・販売を目的に設立。精密計測事業や光計測事業を手がける。ユニパルスはナノテックスを傘下に取り込むことで、グループの基幹産業である電子機器製造事業の経営基盤の拡充を図る。両社の独自性と強みを残しながら、顧客の相互開拓や製品開発ノウハウの共有化、新規事業開発の協業などを目指す。

TOBの買付価格は1株あたり2万6000円。TOB公表前営業日の対象株式の終値1万円に対して160.0%のプレミアムを加えた。

TOBの買付予定数は1万5279株で、買付予定額は3億9700万円。

公開買付期間は2008年10月15日から12月2日までを予定している。