TYホールディングスは、マネジメント・バイアウト(MBO)の一環として、同社の普通株式及び新株予約権を公開買付けにより取得する。

買付期間は、平成25年2月4日(月曜日)から平成25年3月18日(月曜日)まで(30営業日)。

買付価格は、普通株式1株につき950円(前日の終値645円で計算したプレミアムは47.29%)。

買付予定株式数は、3,785,710株。上限は設定していない。下限は2,031,500株(下限に満たない場合は応募株券等の全部の買付け等を行わない)。

買付総額は、3,582百万円(買付予定株式数から公開買付期間中に行使される可能性のない第5回新株予約権150個の目的となる15,000株を控除した株式数3,770,710株に買付価格(950円)を乗じた金額及び新株予約権1個当たりの買付価格(1円)を乗じた金額の合計)。

この買付けは、買付予定数に上限を設定していないため、公開買付けの結果次第では、東京証券取引所の株券上場廃止基準に従い、所定の手続きを経て上場廃止となる可能性がある。

また、当該基準に該当しない場合でも、公開買付け終了後に、いわゆる二段階買収の手続きを実施し、上場廃止となる予定であることを前提として行われるので、その場合には、所定の手続きを経て上場廃止となる。

ユニパルスの取締役会は、この公開買付けに賛同する意見を表明している。