アエリアは子会社の黒川木徳フィナンシャルホールディングス(東京都港区)を通じ、労働者派遣事業のスリーエス(東京都文京区。売上高7900万円、営業利益△1億7400万円、純資産△6900万円)の株式を取得し子会社化したと発表した。アエリアはスリーエスの株式27.3%を所有していたが、今回黒川木徳フィナンシャルHDの株式取得によりグループとしての所有割合を44.5%に引き上げた。実質支配力基準に基づき連結子会社となる。

スリーエスは2006年設立で、セキュリティやネットワークシステムの設計・構築、保守を行う現場へ従業員を派遣している。アエリアグループはスリーエスの子会社化により、主力のメディア&ソリューション事業やエンターテイメント事業でのサポート業務、営業協力などを充実させ、グループ全体の企業価値向上を図る。

取得価額は非公表。取得日は2008年8月28日。