アエリアは、子会社トムが手がけるアパレル事業を切り離し、トムの子会社社長に譲渡することを決議した。

トムは、不動産関連事業とアパレル関連事業を手がけているが、事業環境などを精査した結果、アパレル事業については切り離すことを決定。まず、同事業をトムの子会社である茨城トムに集約し、同社社名をトムに変更。その上で、同社全株式をMBO(経営陣による買収)の一環として新生トム社長に売却する。不動産事業については経営を続けるという。

譲渡価額、譲渡予定日はいずれも非公表。