M&A速報

ヒビノ<2469>、電子機器メーカーのフォレスト電機を子会社化

2008/05/15

ヒビノは、電子機器メーカーのフォレスト電機(東京都小金井市。売上高14億9000万円、営業利益3700万円、純資産8500万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

フォレスト電機は環境に配慮した製造工場で、電子機器の部品調達から試作品開発、基板実装やLEDパネルの最終製造段階までを手がける。ヒビノはグループ内に同工場を取り込むことで、LEDディスプレイシステムをはじめとする自社製品の製造体制を強化する。

取得価額は未定。取得予定日は2008年7月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【ヒビノ】東京五輪で“任務”果たし「音と映像」の世界ブランドへ

【ヒビノ】東京五輪で“任務”果たし「音と映像」の世界ブランドへ

2019/02/21

ヒビノはコンサートやイベントで使う音響・映像機材を世界有数の規模で保有し、コンテンツの演出や進行を舞台裏で操る。東京五輪・パラリンピックでは施設整備の特需が控える。その同社はM&A巧者としての顔を持つ。傘下に収めた企業は10数社に及ぶ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5