M&A速報

ヒビノ<2469>、音響機器販売のスチューダー・ジャパン・ブロードキャストを子会社化

2008/05/15

ヒビノは、2008年3月に設立され「STUDER(スチューダー)」製ミキシング・コンソールなどの音響機器を販売するスチューダー・ジャパン・ブロードキャスト(東京都台東区)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

スチューダー・ジャパン・ブロードキャストは米国Harman International Industries Inc.の日本法人で、プロ用ミキシング・コンソールブランドとして著名なSTUDER(スチューダー)製品や映像機器などを輸入・販売する。スチューダー製品は各国の放送局やレコーディングスタジオに納入される人気ブランド。ヒビノは同社を取り込むことで、スチューダー製品の販売権を獲得し、業務用放送音響機器関連市場のシェア拡大を図る。

取得価額は未定。取得予定日は2008年5月30日。

追記事項

2008-05-30

取得が30日付で完了したと発表。取得価額は5280万円となった。

M&Aデータベース

関連の記事

【ヒビノ】東京五輪で“任務”果たし「音と映像」の世界ブランドへ

【ヒビノ】東京五輪で“任務”果たし「音と映像」の世界ブランドへ

2019/02/21

ヒビノはコンサートやイベントで使う音響・映像機材を世界有数の規模で保有し、コンテンツの演出や進行を舞台裏で操る。東京五輪・パラリンピックでは施設整備の特需が控える。その同社はM&A巧者としての顔を持つ。傘下に収めた企業は10数社に及ぶ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5