大崎電機工業は、電力量計などを製造・販売する中国子会社の天津三達電気有限公司(天津市)の全持分51%を、現地の共同出資会社である天津市中環電子信息集団有限公司(天津市)へ譲渡することを決議した。

天津三達電気は中国国内向けに電力量計販売をするほか、各国への製品・部品の供給拠点として事業を展開してきた。しかし、中国国内での需要低迷や販売価格の下落などにより、当初期待した業績が見込めていない。

譲渡価額は約2億1400万円。譲渡予定日は2008年3月下旬。