ソネットエンタテインメントはゲームポットをTOB(株式公開買い付け)により子会社化することを決議した。議決権ベースで現在33%所有しているが、TOBにより80.64%の取得を目指す。TOB成立後ゲームポットは上場廃止となる予定。ゲームポットは今回のTOBに賛同の意見を表明している。

ゲームポットは2001年設立でアエリアの連結子会社。オンラインゲームやモバイルコンテンツの企画・運営事業を展開している。ソネットエンタテインメントはオンラインゲーム事業の拡大のため、2006年にゲームポッドと資本提携を実施し持分法適用会社としていた。今回のTOBによりオンラインゲーム業界の競争激化に対応し、技術革新やユーザーのニーズに迅速に対応できる経営体制を整える。

TOBの買付価格は1株あたり11万円。TOB公表前営業日まで過去3カ月間の対象株式の終値平均値7万8267円に対して40.54%のプレミアムを加えた。

TOBの買付予定数は5万764株で、買付予定額は55億8000万円。

公開買付期間は2008年2月29日から2008年4月11日までを予定している。