ジャレコ・ホールディングはFXシステム開発を手がけるEMCOM(東京都港区。売上高1億9300万円、営業利益△2400万円)を子会社化することを決議した。ジャレコ・ホールディングがEMCOMの発行済み株式をすべて株式交換によって取得し完全子会社化する。

EMCOMは傘下に金融システム販売のFONOXと金融システム開発の法人恒睿軟件開発(大連)有限公司を持つ。今回の子会社化は傘下2社の開発ノウハウやコンサルティング能力を取得することが目的。また主力事業の金融・不動産分野において中国での事業拠点を獲得し、中国への本格的な進出を目指す。

株式交換比率はジャレコ・ホールディング1:EMCOM29000で、EMCOMの1株に対しジャレコ・ホールディングの29000株を割り当てる。

株式交換実施予定日は2008年3月14日。