M&A速報

リケン<6462>と日本ピストンリング<6461>、2023年4月に経営統合へ

2022/07/27

リケンと日本ピストンリングは27日、2023年4月3日に経営統合することで基本合意したと発表した。共同持ち株会社「リケンNPR」を設立し、事業子会社のリケンと日本ピストンリングを傘下に置く。自動車業界が100年に一度といわれる変革期を迎える中、エンジン部品を中心とする既存事業の収益力を強化するとともに、船舶、水素、新エネルギー、医療機器など非自動車エンジン部品領域で新たなコア(中核)事業の創出を目指す。

リケンはホンダ、日本ピストンリングはトヨタ自動車を主要取引先とする。2022年3月期の売上高はリケン783億円、日本ピストンリング507億円。両社はいずれも東証プライム市場に上場する。

リケンは理化学研究所の研究成果事業化を目的に1927年に創業し、ピストンリング、カムシャフト、シールリングなどの内燃機関部品を中心とする。一方、日本ピストンリングは1934年設立で、同じくピストンリング、バルブシート、カムシャフトなどを主力製品とする。

関連の記事

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5