M&A速報

応用地質<9755>、インフラ点検・地盤調査のシンガポールGeosmartを子会社化

2022-07-08
alt
応用地質が本社を置くビル(東京・神田美土代町)

応用地質は、インフラ点検や地盤調査などを手がけるシンガポールGeosmart International Pte. Ltd.(売上高6億6200万円、営業利益△2000万円、純資産3億2000万円)の株式60%を取得し子会社化することを決めた。設計・施工監理・インフラ点検を展開している既存の現地子会社との連携を進め、シンガポール建設市場でワンストップサービスの提供を目指す。取得価額は非公表。取得予定は2022年10月上旬。

Geosmartは2010年に設立。建設工事・構造物に関する点検をはじめ、地盤調査、地盤改良、井戸の復水処理などを主業務とする。

M&Aデータベース

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2013年4月10日
NCS Subsea
ブライアン・ハーディ氏(NCS Subsea社長)、ほか個人株主19名
1,201
2
2018年10月9日
Fong Consult Pte, Ltd.、FC Inspection Pte. Ltd.
個人ほか
488
3
2022年7月8日
Geosmart International Pte. Ltd.
Balashunmuganathan Suresh Kumar氏(Geosmart International Pte. Ltd.社長)
非公表
4
2022年12月14日
(株)OX
(株)インキュビット
非公表

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5