鶴見製作所は、豪州のポンプ販売会社TSURUMI AUSTRALIA PTY LTD(パース)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

これまで豪州では電機規格の問題などで、販売店による鉱山市場への参入が難しかったが、技術開発、業務提携により参入が可能になったと判断し出資を決めた。今後、鉱山市場を中心にオセアニア地域における全般的なシェア拡大を目指す。

取得価額は約4290万円。取得予定日は2019年9月2日。