日本システム技術はシンガポールのソフト開発会社AG NET PTE. LTD.(売上高1億2700万円、営業利益4930万円、純資産1億2700万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

AG NET は2006年に設立。人事、休暇申請や経費精算のワークフロー、給与計算、テレワーク支援、従業員のパフォーマンス管理などの HRM(ヒューマン・リソース・マネジメント) クラウドシステムを展開し、シンガポールとASEAN(東南アジア諸国連合) を中心に 4万人を超えるユーザーを持つ。

日本システム技術はシンガポール、タイ、マレーシアにソフト開発拠点を置く。AG NETを傘下に迎えることで、これまでカバーできていなかった HRM分野で新たな商材が獲得できる。

取得価額は5億3000万円。取得予定日は2019年5月31日