NTTデータは、東証マザース上場でインターネット活用によるマーケティング支援業務を手がけるネットイヤーグループをTOB(株式公開買い付け)で子会社化することを決議した。議決権ベースで60%の株式取得を目指す。東証マザーズ上場は維持する。ネットイヤーは今回のTOBに賛同を表明している。

買付価格は1株850円で、TOB公表前日の終値416円に104.33%のプレミアムを加えた。買付価格は35億6855万5000円。買付期間は2月6日~3月6日。

ネットイヤーは1997年に、電通の傘下企業の米国法人の子会社として発足し、ネットを活用したマーケティング支援事業やインキュベーション(ふ化)事業を展開。1998年に経営陣による買収(MBO)により電通グループから独立し、翌1999年に日本国内拠点としてネットイヤー・ナレッジキャピタル・パートナーズ(2003年に現社名に変更)を設立し、今日にいたる。

ネットイヤーはオウンドメディア(広報誌、Webサイトなど自社媒体)やアーンドメディア(ブログやSNSなど)のデータ活用を通じた経営・マーケティング部門に対する問題解決力に強みを持つ。NTTデータは同社を傘下に取り込むことで、顧客企業の経営・マーケティング・ITを横断した包括的なソリューション提供が可能になると期待している。