東洋製罐グループホールディングスは、非連結子会社で免疫細胞療法に関する医療支援業務を手がけるリンフォテック(東京都江東区)の全保有株式(68.8%)を、韓国グリーンクロスセルコーポレーションに譲渡することを決議した。

グリーンクロスセルは免疫細胞療法を中核に据えたグローバルな成長戦略を展開しているが、リンフォテックとは2005年から技術提携関係にあった。一方、東洋製罐は構造改革を加速する中で、医療関連はコア事業に当たらないと判断した。

株式譲渡価額は非公表。

株式譲渡予定日は2018年4月2日。