M&A速報

太陽誘電<6976>、コンデンサー製造のエルナー<6972>を子会社化

2018/02/26

太陽誘電は、コンデンサーの製造を主力とするエルナーを子会社化することを決議した。エルナーが実施する第三者割当増資を引き受け、現在22.32%の議決権所有割合を63.78%に引き上げる。取得価額は50億円。

太陽誘電とエルナーは2014年に資本業務提携し、車載関連、産業機器や環境エネルギー分野で需要が高まっている電気二重層コンデンサー、リチウムイオンキャパシターの生産や資材調達などで協力関係を築いている。太陽誘電はこうした両社の連携をさらに発展させ、経営資源の相互活用によりグローバルな事業拡大につなげるため、子会社化に踏み切る。第三者割当増資の払込期間は2018年4月3日から4月9日。

関連の記事

新型コロナ禍で相次いでいる「のれん減損」って何?

新型コロナ禍で相次いでいる「のれん減損」って何?

2020/08/27

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による景気低迷が長期化する中、「のれん代」を減損処理する企業が増えている。「のれん減損」で大幅赤字に転落するケースも珍しくない。2020年は「のれん減損」ラッシュになりそうだ。なぜか。

【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

2018/03/02

東証の「適時開示」ベースで、2月の買収案件(グループ内再編は除く)は53件となり、前月より8件増えた。IN-OUT型M&Aが9件あり、コシダカホールディングスは女性向けフィットネスの米カーブスを約185億円で傘下に収める。

M&A速報検索

クリア