M&A速報

石垣食品<2901>、新日本機能食品の株式取得

2017/10/31

麦茶を中心に食品メーカーである石垣食品は、取締役会において美容健康商材の企画・製造・卸、Eコマースの運営等を行う新日本機能食品(売上高:22億円、営業利益:3百万円、純資産:6千万円)の株式を取得し(所有割合:51%)、子会社化することを決議した。

新日本機能食品は、健康食品の販売を行う会社として創業し、健康・美容商材を中心に仕入先 1,200 社、取 扱約 12 万アイテムを品揃えするに至った会員制通販卸サイトを運営する卸売り事業という基盤を持ち、ネット通販で売れる商品のノウハウを活かした商品開発力、情報力を生かしたコンシューマー向けサイトを運営するEコマース事業の展開により成長を遂げている会社である。

新日本機能食品が石垣食品のグループの一員となることで、今期の営業利益及び営業活動によるキャッシュ・フローの確保に大きく貢献するとともに、新日本機能食品が展開するネット通販向けに石垣食品の製造する健康茶類を提供することによる販路の拡大を目指す。

取得価額:3億円。

株式取得予定日:平成30年3月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

2020/10/09

新型コロナウイルスの感染拡大で飲食業界に激震が走りました。その一方で、火中の栗を拾うように外食企業のM&Aも盛んに行われています。売り手の多くはノンコアの外食事業の切り離し。買い手は外食を専門で手掛けていた企業や経営者です。

「ミネラル麦茶」の石垣食品、債務超過で上場廃止の崖っぷちへ

「ミネラル麦茶」の石垣食品、債務超過で上場廃止の崖っぷちへ

2020/07/03

「ミネラル麦茶」でおなじみの石垣食品が上場廃止の猶予期間入り銘柄に指定されました。2020年3月期に債務超過に陥ったため。2021年3月末までに債務超過が解消されないと、上場廃止になります。戦略的な企業買収があだとなりました。

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017/12/28

2017年の食品業界は大小合わせて20件強(発表ベース)のM&Aを数える。1年を振り返って、1000億円を超えるような大型案件はなかったものの、食品各社のM&Aへの意欲は旺盛といえる。

M&A速報検索

クリア