日本電気硝子は米子会社を通じて、米塗料メーカーのPPG Industries, Inc.(ペンシルバニア州ピッツバーグ)からガラス繊維事業を取得すると発表した。

対象となるのはPPG Industries Fiber Glass Products, Inc.(デラウェア州)の全株式と、PPG Industries Ohio, Inc.(デラウェア州)が保有するガラス繊維事業に関する知的財産、 PPG Industries, Inc.が保有するガラス繊維事業に関するIT販売部門の人的資産など。対象事業合計の直近売上高は約383億円。

自動車の軽量化などを目的に先端複合材料(樹脂部品)に用いられるガラス繊維は世界中で需要が増加している。日本電気硝子は米国での事業を取得することで、日本・マレーシア・欧州に米国を加えた四地域でのグローバルな生産供給体制の構築を図る。

取得価額が約608億円。取得予定は2017年度下期。