ボイラーを中心に製造販売を行う三浦工業は、取締役会において同社の子会社を通して業務用クリーニング機械の販売及びメンテナンスサービス等を行うアイナックス稲本ホールディングス(売上高:188億円、営業利益:17億円、純資産:43億円)の全株式を取得し、孫会社化を決議した。

本取引により、三浦工業はアイナックス稲本ホールディングスを通して国内市場トップシェアを有する事業領域へ参入し、新たな事業領域を獲得する。業務用製品のラインナップの拡充を実現、更なる工場全体全体のトータルソリューションの顧客への提供、国内・販売ネットワークを活用してアイナックスが取り扱う商品の市場シェアの拡大を目指す。

株式取得価額:111億円。

株式取得予定日:平成29年7月3日。