M&A速報

ナック<9788>、建築工事請負の国木ハウスを子会社化

2017/04/27

ナックは、建築工事請負を手がける国木ハウス(札幌市。売上高11億8000万円、営業利益2100万円、純資産4億4900万円)の全株式を日本製紙から取得し子会社化することを決議した。

国木ハウスは1972年創業で、北海道の厳しい気候に適応する注文住宅の建築を手がける。ナックは同社を子会社化することにより、北海道での住宅事業に進出が可能になるほか、寒冷地における建築ノウハウが獲得できる。

取得価額は非公表。取得予定日は2017年6月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【M&Aサマリー10月】74件で3カ月連続で前年を下回る、日立・ホンダは傘下車部品4社を合併へ

【M&Aサマリー10月】74件で3カ月連続で前年を下回る、日立・ホンダは傘下車部品4社を合併へ

2019/11/06

10月のM&Aは前年同月比7件減の74件となり、3カ月連続で前年を下回った。単月ベースでは前月比で5件増え、今年3番目でなお高水準を維持している。このままで推移すれば、2009年以来10年ぶりに年間800件台に乗せる公算が大きい。

【日本製紙】紙でできることは紙で  あっと驚く「M&A」も

【日本製紙】紙でできることは紙で  あっと驚く「M&A」も

2018/08/21

紙でできることは紙で-。これを合言葉に日本製紙<3683>が使い捨てプラスチックに変わる素材として紙の需要拡大に乗り出した。2018年8月に紙化ソリューション推進室を新設、“紙化”のさまざまなニーズを掘り起こす作戦だ。

【中部電力】東電に飲み込まれる?ー電力大再編「水面下の攻防」

【中部電力】東電に飲み込まれる?ー電力大再編「水面下の攻防」

2018/05/24

中部電力が「電力再編」の荒波に飲み込まれている。再編相手と目されているのは国内電力最大手の東京電力HD。東電との合弁企業であるJERAは2019年4月に火力発電事業の一本化に踏み出す。中部電と東電の本体同士の経営統合も現実味を帯びてきた。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア