menu
Social media

M&Aニュース

M&Aニュース

シンワアートオークション<2437>、バイオマス燃料の輸出入を手掛ける会社の第三者割当増資を引受け

シンワアートオークション(株)(以下「シンワアートオークション」)の連結子会社であるエーペック(株)は、新たな事業として PKS(パーム椰子殻)事業を開始すること及び SHINWA APEC MALAYSIA SDN.BHD.(マレーシア)が実施する第三者割当増資を引き受けることを決議した。第三者割当増資引受後の株式所有割合は99.9%。

シンワアートオークショングループは、低圧型太陽光発電施設の販売を中心とするエネルギー事業を手掛けてきたが、近年再生可能エネルギーの分野では、太陽光発電の勢いに陰りが見え始めていた。そのような中で、バイオマス発電は、政府の長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)でも重要な電源として位置づけられ、徐々にその存在を増してきている。エネルギー事業領域のさらなる拡大を企図して、バイオマス事業分野におけるPKS事業を開始するとしている。

株式取得価額は2460万円(999,999MYR)。

第三者割当増資実行日は2017年4月中。

※1MYR=24.65円にて換算。

関連のM&Aニュース