シンワアートオークションは子会社を通じて、マレーシアでパーム椰子殻を調達しバイオマス燃料として販売するSHINWA APEC MALAYSIA SDN.BHD.(セランゴール州)を子会社化することを決議した。同社が実施する第三者割当増資を引き受け、株式の所有割合を99.9%とする。

シンワアートオークショングループは、太陽光発電施設の販売を中心とするエネルギー事業を手がけてきた。太陽光発電の勢いに陰りが見え始めていることから、バイオマス発電に進出しエネルギー事業領域の一層の拡大を目指す。

取得価額は約2460万円。取得予定日は2017年4月中。