情報通信工事事業等を行うコムシスホールディングスは、取締役会において同社を株式交換完全親会社とし、都市ガスのインフラ施工等を行うカンドー(売上高:358億円、営業利益:16億円、純資産:124億円)との間で株式交換を実施することを決議した。

カンド―は長い歴史の中で特にガスインフラ施工について豊富なノウハウや実績を構築している。本取引により、両社グループの技術力を相互補完することにより、ガス・通信・電気・上下水道などのインフラ設備建設のサービスラインアップの拡充や、両社グループが安定的かつ継続的に発展するための人材交流、施工・安全品質マネジメントノウハウ及びITプラットフォームの共有・活用による効率化など、両社グループの強みを活かして広範囲にわたって事業展開することでシナジーの最大化を追求し、グループとしての成長を図る。

交換比率はコムシス:カンドー=1:6.19。

株式交換価額:164億円。

株式交換契約締結日は平成29年7 月1日。