共和電業は、セイコーエプソンの100%子会社で計測機器の製造・販売を手がけるタマヤ計測システム(東京都品川区。売上高5億6000万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

タマヤ計測システムは1983年創業で、ダムのたわみ測定装置や気象観測機器、航海機器などを製造・販売している。特に、ダムの測定装置では高いマーケットシェアを誇る。共和電業は同社の商品や販売チャネルを取り込むことで応力計測の事業拡大を目指す。

取得価額非公表。取得予定日は2017年3月31日。