M&A速報

大和証券グループ本社<8601>、金融商品取引業を営む連結子会社を譲渡

2016/12/22

証券業を展開する(株)大和証券グループ本社は、金融商品取引業を営む連結子会社である日の出証券(株)(営業収益35億4000万円、純資産100億円、以下「日の出証券」)の保有株式(議決権所有割合:95.75%)の全てを、同じく金融商品取引業者である内藤証券(株)(以下「内藤証券」)に譲渡する株式譲渡契約が締結されたことを発表した。

日の出証券は、1889年の創業以来、関西・九州を主な営業基盤として、地域密着型の証券営業を営んでおり、2006年9月に連結子会社として以来、グループ間の人的交流や事業連携等を通じて、同社の企業価値向上を図ってきた。しかしながら、今般、日の出証券と同じく関西地域を本拠とし、顧客第一主義をもとに地域密着型営業を展開する内藤証券のサポートのもと事業成長を加速させていくことが、日の出証券の更なる企業価値向上に繋がるものと判断したとしている。

株式取得価額は非公表。

株式譲渡実行予定日は2017年2月28日。

M&Aデータベース

関連の記事

大手の参入でハードル下がる「仮想通貨」 アプリでの取引も

大手の参入でハードル下がる「仮想通貨」 アプリでの取引も

2019/04/03

仮想通貨を巡る動きが慌ただしくなってきた。価格が低迷し、関心が薄れている仮想通貨だが、BtoBマーケットが充実していく兆候があるとの声もあり、2019年はさまざまな動きが表面化しそうだ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア