M&A速報

住友金属鉱山<5713>、IC用リードフレーム事業会社6社の株式譲渡

2016/11/11

住友金属鉱山(株)(以下「住友金属鉱山」)は、IC用リードフレーム事業を展開するSH Asia Pacific Pte. Ltd.(シンガポール)、Malaysian SH Electronics Sdn.Bhd(マレーシア)、SH Electronics Taiwan Co., Ltd (台湾)、SH Electronics Suzhou CO.,Ltd.(中国)、SH Electronics Chengdu Co.,Ltd.(中国)、SH Precision Chengdu Co.,Ltd.(中国)を長華電材股份有限公司(台湾)およびその子会社である長華科技股份有限公司(台湾)に売却する株式売買契約を締結した。また、Malaysian SH Precision Sdn. Bhd.(マレーシア)、Shuzhou SH Precision Co.,Ltd(中国)、SHプレシジョン(株)の株式を売却する具体的検討を界霖科技股份有限公司(台湾)と進めるとした。

住友金属鉱山は、リードフレーム事業の市場自体が成長期から成熟期となった状況による、リードフレーム製品の更なるコモディティ化及び中国ローカルメーカー台頭による競争激化等の事業環境の変化を踏まえ、リードフレーム事業からの撤退を決定したとのことである。

株式譲渡実行予定日は2017年3月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

事業承継と会社分割の違い

事業承継と会社分割の違い

2016/12/23

富士フイルムが武田製薬工業傘下の和光純薬興業を買収するなど後継者難をきっかけとする中小企業による大手企業への事業売却といったM&Aに関するニュースをよく耳にします。今回はM&Aの代表的な方法として、事業譲渡と会社分割をテーマとしました。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5