食品卸業のマルイチ産商は、長野県の水産物および青果物の販売を行う丸水長野県水(売上:366億円、営業利益:3億円、純資産:14億円)が事業を分割し、新たに設立する分割会社の株式を100%取得し子会社化することについて契約を締結することを決議した。

丸水長野県水は、事業の持続的な発展を考えた時に、共に発展できるパートナーを見つけ、 経営基盤を確固たるものにすることが、大きな経営課題であった。

マルイチ産商は、両社の強みとして保有する調達・加工・配荷機能や地域密着型のリテールサポート機能等をそれぞれが経営の自立性・独自性を保持しつつ、さらなる強化・高度化を図ることで長野県内の食品流通のさらなる発展を目指す。

株式取得価格は、非公開。

株式譲渡契約締結日は、2016年11月8日。

株式譲渡実行予定日は、2017年4月3日。