再生エネルギー事業の省電舎は同じく再生エネルギー事業を営むエールケンフォー(売上高17億円、営業利益2億円、純資産1億円)を連結子会社化するために親会社であるエールを簡易株式交換により完全子会社化することを決定した。

省電舎はエールケンフォーが保有する寒冷地向け太陽光関連設備や風力発電設備といった高付加価値の設備の取得により、これまでは発電設備の設置対象とならなかった地域・場所における、発電設備の需要開拓を目指す。

株式交換比率は省電舎:エール=590:1。

株式交換実施予定日は10月27日。