(株)ラックランド(以下「ラックランド」)は、給排水設備工事を事業とする(株)木戸設備工業(売上高2億6300万円、営業利益△253万円、純資産4660万円、以下「木戸設備工業」)の全株式を取得し、完全子会社化したと発表した。

木戸設備工業は、特に高いパイプ接合設備・技術を有した会社であり、同社の子会社化を通じて、ラックランドが提供するサービスのなかに同社の有する給排水設備工事における技術力、ノウハウをラックランドグループに取り組み、社員へも教育することでグループ全体の技術力向上へとつなげていくとのこと。また、国内450億円を目指していく中でビジネスエリアの拡大は必須であるなか、北陸新幹線の開通に伴いラックランドの旧来からの主たる顧客層の店舗展開等により活性化されている北陸地方を新たなエリアとして地元に根付いた営業活動につなげ、さらには、ラックランドのメンテナンス事業から木戸設備工業顧客のアフターフォローを行うなどのグループ間シナジーも追求していく、としている。

株式取得価額は非公表。

株式譲渡実行日は2016年10月3日。