GMOクラウド(株)は、連結子会社であるGMOグローバルサイン(株)(以下「グローバルサイン」)及びGMO GlobalSign Ltd.(英国、以下「英国グローバルサイン」)が保有する連結子会社のGMO GlobalSign Oy(フィンランド、売上高3億1700万円、営業利益46万9000円、純資産△1700万円、以下「GlobalSign Oy」)の全株式をPaul Tourret氏、Steve Waite氏の両氏に譲渡する旨及び両氏が保有するグローバルサイン社の全株式を取得する旨を決議した。

GMOクラウドグループは、2014年10月よりGlobalSign Oyをグループに加え、Global Sign OyのIDマネジメント技術とグローバルサイン社のセキュリティ技術を掛け合わせることでIAM(Identity and Access Management(アイデンティティ&アクセスマネジメント)の略。複数アカウント(ID)を統合管理し、さらにアクセスの範囲や権限なども詳細に設定し認証するシステム)事業を展開してきたが、必要なIAM技術を獲得しグローバルサイン独自でクラウドベースのIAM事業を展開することができる目処がたったことから、GlobalSign Oyの全株式を譲渡することとなった。

今後は、IoT(Internet of Things の略。パソコンやサーバ、プリンタなどの情報通信機器だけでなく、様々なモノに通信機能を持たせ、インターネットへの接続や相互通信を可能にすること)時代を見据え、セキュリティ事業の SSL 証明書の大量・高速発行における技術投資に経営資源を集中し、また、これまでの GlobalSign Oyとの協業から得たノウハウや新規に開発した技術を活かして、同社株式譲渡後もIAM事業を継続していく、としている。

株式譲渡価額は約9億1100万円(9,006,940米ドル)。

株式譲渡実行予定日は2016年9月30日。