関東エリアを主たる営業圏として警備・防犯・防災・セキュリティなどの警備事業を行うセントラル警備保障(東京都)は、神奈川県内を中心に、主に機械警備、警備輸送業務、施設警備を展開する特別警備保障(神奈川県)の株式60.3%を取得し、連結子会社化することについて決議した。

セントラル警備保障は、同社が主たる営業圏としている関東エリアにおいて、機械警備を主軸とした展開方針による相互の企業価値向上が見込めるとしている。

株式譲渡実行日は平成28年9月30日。