自動車用はじめ各種塗料の製造を行う関西ペイント(大阪府)および同社子会社のKansai Paint (America), Inc.(米国、以下KPA社)は、米国で主に自動車部品向け塗料の製造、販売事業を展開し、加えて大株主である武蔵塗料ホールディングス(東京都)より自動車内装部品用塗料の技術ノウハウの供与を受け、日系ユーザーへの塗料製造・販売を行うU.S. Paint Corporation(米国、売上高約37億円、営業利益約9億円、以下USP社)の株式をそれぞれ関西ペイント31%、KPA社20%を武蔵塗料ホールディングスおよび現地の複数の個人株主より取得し、子会社化することを決議した。

関西ペイントは、メキシコ合衆国での大日本塗料(大阪府)との合弁事業に加え、北米地域での自動車部品および工業用塗料の製造拠点が確保でき、日系ユーザーのほか、海外ユーザーへの事業拡大に大きく寄与することが期待できるとしている。

株式取得価額は約53億円。

株式譲渡実行予定日は平成28年8月中旬。