りらいあコミュニケーションズは、フィリピンを本拠にCRM(顧客関係管理)サービスを提供する同国企業2社を子会社化することを決議した。SPi CRM, Inc.(マカティ。売上高約108億円、営業利益約9億5200万円、純資産39億7000万円)の全株式と、Infocom Technologies, Inc.(マカティ。売上高約323億円、営業利益約48億7000円、純資産約255億円)の株式99.64%を取得する。

取得する2社はフィリピンに9つの拠点を運営しており、主に米国とフィリピン現地企業向けにコールセンターやバックオフィスサービスを提供している。りらいあコミュニケーションズはアジア拠点拡充によるグローバル体制の構築を目指しており、今回の取得はその取り組みの一環。オフショアコールセンターやBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業の拡大が続くフィリピンに拠点を獲得することで、グローバルに展開する顧客に英語とタガログ語のサービス提供を目指す。

取得価額は200億円(アドバイザリー費用などを含む)。1ドル=110円で換算。

取得は2016年9月~10月の予定。