シティホテル・ビジネスホテル・旅館・リゾートホテルなどの宿泊事業、その他投資事業を行うアゴーラ・ホスピタリティー・グループ(東京都)は、ホテル資産保有特別目的会社の共同出資者であるホニー・キャピタル・ファンド 2008・エルピー(ケイマン諸島)が出資する、純粋持株会社のプライム・ハイト・インベストメント・リミテッド(英国領ヴァージン諸島)の株式50%を取得し、子会社化するとともに、同社が匿名組合出資するホテル資産を取得することについて決議した。

アゴーラ・ホスピタリティー・グループは、中核事業である宿泊事業における拡充に向けた取組として、同社子会社が運営する各ホテル資産(不動産信託受益権)の取得を行っており、中長期的に安定収益の基盤を構築するためには、グループが長期にわたり保有すべき各ホテル資産における実質的な支配力を獲得することが必要と判断したとしている。

取得価額の合計は24億円。

株式譲渡実行予定日は平成28年8月20日。

取得するホテル資産は、ホテル・アゴーラ リージェンシー堺、ホテル・アゴーラ大阪守口、アゴーラ・プレイス浅草。