日本アビオニクスは、プリント配線板事業(売上高26億5000万円)を沖電気工業グループに譲渡することを決議した。 東海旅客鉄道(JR東海)が推進中のリニア中央新幹線計画への協力の一貫。

2013年9月、JR東海がリニア中央新幹線計画を発表した際、日本アビオニクス子会社の山梨アビオニクスの敷地を通過し一部の建屋に支障することが判明した。そのため、日本アビオニクスは2018年3月末までに生産を停止し、JR東海へ土地を譲渡することにした。

日本アビオニクスが手がける高信頼性プリント配線板の製造は、高いプロセス技術ノウハウと製造技術、工場の品質管理力が要求されるほか、最終顧客より品質に関する認定を得た製造ラインでのみ生産が許されるため、工場移転による事業継続は困難と判断した。

今後、顧客との協議を進め、事業移管準備の整ったプリント配線板より順次、OKIサーキットテクノロジー(山形県鶴岡市)あるいは沖プリンテッドサーキット(新潟県上越市)に移管する。新規品の受注についても日本アビオニクスでの受注活動を停止する。宇宙・防衛向けプリント配線板についてはライン認定を順次取得し、それにより事業移管が完了する。

譲渡価額は0円。移管先が必要とする資産(設備)を引き渡す時点の簿価で譲渡する予定。譲渡完了予定日は、2018年3月31日。