ASIAN STARは、不動産業を営むTYインベスターズ(横浜市。売上高5690万円、営業利益641万円、純資産4億7400万円)の保有株式すべてを、中国の投資会社、上海兆世信息科技有限公司(上海市)に譲渡することを決議した。

TYインベスターズは2015年2月設立で、民事再生法の適用申請をした会社などから日本国内各地にある約 155万㎡の土地を取得し、リゾートや分譲・事業用用地としての開発を進めていた。和歌山県白浜町の海沿いの事業用地についてはタイムシェア型(所有者が利用しない期間は宿泊施設として活用)商品として、主に中国国内の投資家へ販売する計画を策定。ASIAN STARが中国パートナーを探していたところ、上海兆世信息科技から単独で事業を進めるため同社を取得したいとの申し出があり、それに応じたもの。

譲渡価額は約9.6億円(アドバイザリー費用などを含む)。譲渡は2016年8月末に実施される予定。