武蔵精密工業は、欧州3カ国で自動車部品の製造・販売事業を手がける会社など16社を傘下に持つドイツHay Holding GmbH(バード・ゾーベルンハイム。売上高639億円、営業利益39億円、純資産41億円)の全株式を取得すること決議した。取得価額は約440億円。

武蔵精密工業は、欧州9拠点、アジア16拠点、米州5拠点と全世界の主要地域に網羅された生産拠点を活用したグローバル供給体制の確立や、Hay Groupの鍛造加工技術と武蔵精密工業の精密加工技術の融合によるユニット商品の開発力・競争力の向上等、生産・開発・販売領域でのシナジー効果を見込んでおり、本買収によって同社の事業基盤は大きく強化され、全世界で高い競争力を持つ、真のグローバル企業としての飛躍を実現するとしている。

取得予定日は2016年6月30日。