クレオは子会社を通じて、経営再建中のソフトウエア開発会社イアス(東京都千代田区。売上高5億3900万円)の全株式を取得し子会社とすることを決議した。子会社化に先立ち、イアスが100%減資を実施したのち、クレオの子会社であるクレオソリューション(東京都港区)が同社の第三者割当増資を引き受け100%子会社とする。

イアスは独立系ソフト開発会社として数社の大手システムインテグレーターなどからの受託

開発を手がける。内部統制に対応した文書管理ソフト「QuickBinder」の製品品質改善のために多額の投資資金を要したことに加え、受託開発事業において不採算プロジェクトの発生により資金繰りが悪化したため、2015年8月に民事再生法の適用を申請していた。クレオソリューションはスポンサーとしてイアスを支援してきたが、今回、同社の製品や技術、人財が今後の成長に資すると判断し子会社化することにした。

取得金額は3000万円。取得日は2016年4月20日。