ソフトフロントは、はがき・住所録ソフト「筆まめ」などのソフトウエア製品を開発・販売する筆まめ(東京都港区。売上高12億円、営業利益6800万円、純資産2億4500万円)の全株式を取得し、子会社化すると発表した。

筆まめは、「筆まめ」を中心とする一般コンシューマ向けソフトウェア製品を提供する。ソフトフロントは郵便のデジタル化に伴い関連会社デジタルポストが提供する電子郵便関連サービス向けにソフト開発を手がける。筆まめを取得し、同ソフトのクラウドサービス展開やASEAN(東南アジア諸国連合)市場における事業機会を模索するという。

取得総額は7億2000万円(アドバイザリー費用などを含む)。取得予定日は2016年4月26日。