M&A速報

ソフトフロントホールディング<2321>、オフショア開発子会社をFPTジャパンホールディングスに譲渡

2018/09/05

ソフトフロントホールディングは、100%子会社でソフト開発を手がけるソフトフロントDevelopment Service(東京都千代田区。売上高1億3600万円、営業利益△6400万円、純資産4400万円)の全株式を、同業のFPTジャパンホールディングス(東京都港区)に譲渡することを決議した。

ソフトフロントDevelopment Serviceは2016年に設立し、ベトナムでソフト開発の受託(オフショア)事業を手がける。ベトナムには現地法人を持つ。営業損失が拡大するなど業績低迷が続き、事業の抜本的な見直しを検討していた。

譲渡価額は1800万円。譲渡予定日は2018年9月13日。

M&Aデータベース

関連の記事

【ソフトフロントHD】再度の「M&Aで生き残り」は成功するか

【ソフトフロントHD】再度の「M&Aで生き残り」は成功するか

2018/09/25

「M&A爆発」とでもいうべき積極的な企業買収を展開しているソフトフロントホールディングス。もともと同社はM&Aに積極的ではなかった。ところが、2016年に入ると一気に5社を子会社化する。なぜ、同社はM&Aを加速したのか?そして、その結末は?

M&A速報検索

クリア