シップヘルスケアホールディングスは、医療機器販売会社を傘下に持つ小西共和ホールディング(大阪市。売上高835億円、営業利益13億5000万円、純資産158億円)との経営統合を目指すと発表した。株式取得により同社議決権の3分の2以上の取得を目指し、その後、株式交換により経営統合する。3分の2以上が取得できなかった場合には株式交換は実施せず、経営統合についても再度協議するという。

少子高齢化、国民医療費の増加、診療報酬改定など医療を取り巻く環境が急速に変化する中、シップヘルスケアHDは持続的な成長を続ける小西共和HDと経営統合することで、ヘルスケア産業における地位確立を目指す。

取得価額は未定(1株あたり2万8000円を予定)。取得予定日は2016年4月1日。

株式交換比率は小西共和HD1株あたり評価額2万8000円:シップヘルスケアHD普通株式の平均価格。株式交換効力発生日は2016年4月27日。

2016-4-1

追記

取得価額は126億円(アドバイザリー費用などを含む)。