シップヘルスケアホールディングスは子会社を通じ、医療用具や身体障害者用介護機器の製造・輸入・販売を手がける酒井医療(東京都文京区。売上高76億円、営業利益△3億5000万円、純資産37億1000万円)の株式を追加取得し子会社化することを決めた。議決権ベースでの株式所有割合を43.84%から50.57%に引き上げる。

医療業界を取り巻く環境は急激に変化しており、シップヘルスケアHDが展開する医療・保健・福祉の分野でも生き残りをかけた競争や業界再編が激化している。シップヘルスケアHDは福祉・介護領域の老舗メーカーとして定評のある酒井医療を傘下に取り込み、グループのメーカー系事業会社の強化・補完を図る。

取得価額は2800万円。取得日は2009年10月23日。